DOUBT!!

   
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* by スポンサードリンク * * - * - * - *
 移転します
ここのblogを初めて8年経つんですね…
blogというものが出来る前、まだただのweb上の日記を
書いてた頃からすると15年近く。はやいね。

当時高校生だった私も、早いもんで30歳。
少しだけ大人になったので、
自分の身の丈に合わせた場所を作ってみようと

そんなわけで、新たにこちらで綴ります。

http://wakuson.blogspot.jp/


DOUBTを読んでくれたみなさん、ありがとうございます。
引き続き、あちらで、よろしくお願いします。
* by waku * 19:39 * - * comments(0) * - *
 異常な日常3

あう。3ヶ月空いてしまった。

結論から言うと、今は治療も終わり、落ち着いているのですが、
記録として、ランソウ日記、時系列に沿って続けます。

-----------------------------------------------------
3月後半。
内診と血液検査の結果が出る。

排卵が起きていない。
体温が二層になっていない。(本来は二層になるもの。)
卵巣の中で古い卵が残ってしまっている状況。
女性ホルモンの値がものすごく低い。

病名で言うところの
「卵巣機能不全」「多嚢胞性卵巣症候群」との診断。
このままだと、実際に結婚して子供が欲しいとなった時に
排卵誘発剤での治療が必要となるかもしれないと。

身体的には大問題だが
正直、この病名を言われて、安心した…。
自分のわけのわからない状況がはっきりと
病名として下されて、ホッとした部分がある。

とはいえ、さて、どうしていくか。
すぐに結婚、妊娠、の予定はないものの
やはりいつかそういう事もあるかもしれないし
気づけば30歳目前。
それまでは、ピルを飲んで一時的に治していたりしたが
もう何度か繰り返しているので、さすがに真剣に考えた。
子供が、できない、かもしれない…?
ううむ。。。

私の周りでは
不妊治療している友人知人も何人かいて
その大変さも聞いていた。
こればかりは授かりものとはいえ
事前に少しでも防げるのであればと思い
そして何よりその時の体と心の不調から脱したいと思い
今回はちゃんと治療と向き合う事にした。

先生と相談し、今回は、
ホルモン剤を3ヶ月飲み、
しっかりホルモンバランスを癖づけて、
ちゃんと正しいタイミングで生理がくるようにし、
薬を飲み終えた時のリバウンド効果で排卵を期待するという
「カウフマン療法」を行う事となった。

カウフマン療法の詳しくはこちらを。↓
http://www.ladys-home.ne.jp/faqsite/ans-files/FAQ-A/FAQ-A6.html

ただ、これがまた、結構なしんどさなのでありました…続く

* by waku * 21:09 * ランソウ * comments(0) * - *
 異常な日常 2

2月中旬。
これまでも何度かお世話になっていた、
大きな病院の婦人科へ。

まずは出血の状況を伝える。
内診。超音波で子宮、卵巣をチェック。
そして血液検査。

がん検査と血液でのホルモンの値は、後日わかるとのことで
その日から1ヶ月基礎体温を計り、
その結果と共に治療方法決めましょう、ということに。

基礎体温。これまでも何度も挫折した基礎体温。
なかなか毎朝同じタイミングで計るのは面倒であり、
朝が弱い私は、正直それどころではない、のだ。
けど、枕元に体温計と基礎体温表を常備し、なんとか計り続けた。

本来、女性は、
低温の時と高温の時の二層になっている。
高温の時期が短い、もしくは、ない場合、
ホルモンのバランスが崩れており、
排卵が起こらない、卵が育たない、さらに、生理が乱れる。
私の場合、ずっと同じ体温。
毎日計るのも嫌になるくらい、同じである。
でもそれは、異常なのである。

この時は特になんの治療もせず、体調も変わらず悪い。
不安ばかりが募る。負のループ。
それでも仕事しないと生活できんし。
私だけならまだしも、実家の母のこともある。

心機一転、仕事も変わって、
3ヶ月になろうというのに、なかなか落ち着かない。
さらに、前職の思い入れたっぷりの
この土地にいるのもなんだか辛くなってきていた。
先に進む人たち。
自分も先へ進みたい気持ち。
前職への心残り。
進めてない自分。
実際は進んでいるんだろう。
でも実感として何もない。形になってない。
自他ともに認めるプライドの高い私は、何か形にすること、
それを発信することで
自分を保ってきていたのかもしれない。
3歳から音楽やってきて、音楽の学校出て、音楽の会社に勤めて。
10年勤めて、自分で見切りをつけたのに、
結局、気づけば、頭の片隅で音楽の仕事の事を考えている。

体調はさらに悪化するばかり。
出血は止まるどころかさらにひどくなり、貧血も酷い。
友人とご飯にいったり、遊びに行ったりしても
家に帰るとまたプチうつ状態。
無気力。体力もぐんぐん落ちて、体重は増える。
堕落とはこのことか。私にはまだ底があるのか、と。
数年前の私からしたら、本当に「どうかしている」状態である。

表では活発、裏では毎晩泣いている。
そんな自分も、相当嫌になってきていた。
こんな人、誰が人として付き合ってくれるのか。
努力をする気力すら起きず、そんなことばかり考えてた。
そんな、おかしな状態の1ヶ月が過ぎた。

次に続く。

* by waku * 21:04 * ランソウ * comments(0) * - *
 異常な日常 1

今週末に引っ越しをするというのに、
書きたい衝動にかられて、PCへ向かってる。
試験勉強前に掃除をしたくなる心理。
コンクール前に、トゥルースとかコミカルトレイン弾きたくなる心理。
(後者はごくピンポイント向け)

ここでもちらほら書いていたけど
足掛け5年くらい、ホルモンバランスが悪く、
環境が変わったり、大変な事があったりすると
モロに出る。とてもわかりやすく。

最初は重めの生理不順。
3ヶ月こない→その後3ヶ月止まらない
→1ヶ月後にピタリくる→また3ヶ月こない
みたいなことがちょくちょくあった。
ここ最近、まともに来たことがなかった。

そこまでは、まだましというか
来る来ないくらいの問題なら、気にせず生活はできる。
(ホントは気にしないといけないんだけど)
時々病院行って、ピルもらって、調整していた。
治るのはその時だけであって、結局また戻っちゃうんだけど。

そもそもの性格の問題や体質生活週間もあるのだろう。
音楽の仕事をやってた時の不規則な生活、
3つの仕事の掛け持ち、
ためこみやすい性格、断れない性格。受け入れすぎる性格。
恋愛でもいいように使われて、さようなら、なんてことも何度かあった。
仕事でも何年かかけて全てを捧げてやったことに対して、
「友達欲しさにやってるようにしかみえない」って言われて
終わったこともあった。
まぁ、人には色々事情があるわけで
情熱だけでどうにでもなる、なんてことはないわけで。
実際努力と知識と経験が足りんかったんだし
こんなことは、大人になればよくある話だろう。

優しい友人たちは
気にするな、合わなかっただけだ、ってみんな言う

でも私はその度に飲み込んで受け入れて
想いと食料を体に溜め込んで溜め込んで考えて考えて。
受け流せない、素直になれない、消化できない。
でもみんなの前では、それっぽい事を言って笑うしかできん。
まぁ、そんなんだから、きっと、体にでちゃうのだろう。笑

これまでも「〜〜症候群の疑い」と、
ホルモンバランスからくる病気の事はお医者さんに言われてたけど
そうかーその時はその時だ、という覚悟はしていつつも
規則正しい生活、大豆食品をこまめにとる、ランニングする、
友達と遊ぶ、などして、注意はしてきた。

でも、環境の変化や、いろいろ。
全然よくならない。
相変わらず止まらない出血。
気づけば3ヶ月を超えている。

環境の変化と、人間関係のあれやそれも相まって
2月くらいから、ついに、精神的にもきてしまい、
プチうつ的な症状も出始めた。
神経高ぶって眠れない、
ふるえる、動悸がおきる、
お酒を飲むと貧血を起こす、
消化できない事をいつまでも考えて
急に泣き出す、しかも毎晩、
死ぬ勇気なんてないのに、
辛い、死にたい、もういいんじゃないか、って考え始める、、、、

いかんいかんいかん!

気分がジェットコースターのようになって
へとへとになっている自分もいて、
ただ、それを客観的に「あらあら」と見ている自分もいて、
さすがに、このままだと、人に言っちゃいかんこと言ったり
いきなり感情的になったり、迷惑をかける。と思い、
心療内科とかへ行く前に
ホルモンバランスをどげんかせんいかん、
話はそれからだ、と
今一度、婦人科へ検査へ行った。

次に続く。

* by waku * 15:12 * ランソウ * comments(0) * - *
 skaskaclub
昨日は、skaskaclubの復活ライブ@渋谷Wombへ。

skaskaと言ったら、17、18、19歳位の頃でしょうか。
よく聴いてて、ライブにも行ったりしてまして。
当時、ゴイステ、B-DASH、175、シャカラビとかとかとかが
インディーシーンで盛り上がってた頃で
私もライブに行っては、Tシャツで首にタオル巻いてモッシュモッシュな感じで
一言で言うとまぁ「若かった」頃の思い出のバンドなんですが(笑)

その後、活動休止しちゃって、私も就職したりなんだりで
すっかりそのシーンからご無沙汰してたら、なんと今年復活のニュース。
私も、30歳間近ということも忘れて、気づけば先行発売のチケット申し込んでました。
しかも運良く当たっちゃいました。

久々のスカスカは、全く変わってなかったなー。
お互い息が上がるのが少し早くなったくらいで。
7年あいたとは思えない、完璧な復活ぶり。
こちらも年甲斐もなく踊りまくり。
というか、音聴いて、反射的にモッシュの渦に突っ込んでた。
1曲目から。笑
たぶん、同年代多かったんじゃないかしら。アラサーな世代。
そんな人たちとも久々に踊れて嬉しかったな。

スカスカ休止後のそれぞれのバンドは、あまり興味がなかったというか
スカスカが好きだったから、私の中では、彼らはそれでしかないわけで。
色々あっただろうけど、そんな事は正直どうでもよくて、
今こうして久々に彼らの曲で踊れることが嬉しかった〜。

なにやら次のライブは11月にAXだそうで。
昨日も新曲発表してたし、とても嬉しい限り。
私もあの頃の気持ちに戻ったというか、まだまだいけるな、と
生きる希望が見えたりしましたよ。笑


* by waku * 21:45 * music * comments(0) * - *
 2月!

あ。明けまして…おめ…^^;

新しい仕事が始まり、てんやわんやしてたもので
気づけば1月終わってた。

今年は、元旦から標高の高い所へお参りに。
秩父のさらに山奥にある、三峰神社というところ。
西武秩父からバスで山道を登ること1時間半。
そこは標高1100mでござい。










元旦からこんなところへ行ってしまうなど
やる気の現れの他ございません。

ここは、ちっちゃいおじさんが見えるとかなんとか噂される程
神秘的な地なのです。
すっげーパワーもらった。

また、弱った時にでも、行きたいな〜つって、思います。

* by waku * 21:35 * 日記 * comments(0) * - *
 11月12月のできごと

facebookではちょいちょいアップしてたんですが
やはりblogにも残しておきたい、と思い、今更ですがアップ。

私の記憶が確かなら、これは11月12月の出来事。

--------------------------------------

まず。

今年発足、練馬会。
なぜか、小学校の同級生連中が、みんな練馬界隈に住んでいて
(全員実家は埼玉にあります)
じゃぁ定期的に練馬で集おうとなり、呼んだら、いっぱい来た。笑

みんな、小2からの付き合いなので、
えっと、、、出会って20年以上。
ほえー。みんなかわらんのよねぇ。全く。
子供時代を知っているので、絶対的な信用というか、
いい部分も悪い部分も受け入れられる。貴重な仲間。

この日、何を話したかなんてあんまり覚えていないよ。
いいんだよ、それで。会えることが楽しいメンツ。笑

来年はみんな30歳なので、記念に学年全体で同窓会やります。
幹事は私です。(当時学級委員だったので…が、がんばる。)

ちなみに、私は鏡に写っているよ。


--------------------------------------

そして。
Y社時代の先輩のおうちで、薬膳火鍋。
体によいぜ。きっと。
沢山の薬膳が入っていて、辛さでひぃひぃいいながらも、
超おいしくいただきました。

薬膳火鍋キット、ネットでお取り寄せしていただいたそうで
私も今度買ってみようと思う。その前に鍋買わないと。。。


しゃぶしゃぶもりもり。

--------------------------------------

さらに。
久々に、隊長とごはんに行った!
ツイッターで近況はわかるものの、やっぱり会うと色々話が尽きないね。
お互い悩める女子なのでね。恋バナ、恋バナ。がんばろうね。うん。

行ったお店は、渋谷の桜ヶ丘カフェ。
Y社時代は桜ヶ丘で仕事をしていたので、この辺は落ち着く。

お店で飼ってるやぎのさくらとショコラ。(たしか)
寒かったので、ずっとくっついておった。


--------------------------------------

今年は毎週のように実家に帰ってた。
帰れる場所があることは、とっても贅沢なことなんだと思った。

つくちゃんと地元で定例報告会。
地元のちょっとこじゃれたレストランで。
焼きたてパンがわんこそばのように次々とやってくる。
こっちがストップをかけるまで、延々やってくる。
でもこのパンが、すんごいおいしいので、ついつい食べ続けてしまう。

先日の名古屋からワインスイッチが入った私は
この日も赤ワインをいただきました。




その夜は皆既月食の日で、
友人が近くのカフェでDJやってたので、踊りつつ〜飲みつつ〜
ちょいちょい外に出て、みんなでその一部始終を見た。





--------------------------------------

練馬会会員でもある友人が、呉服屋さんで働いていて
私もお着物着てみたい!という願望というかわがまま?に付き合ってくれて
着付けから、ヘアセットまでやってくれた。

私、成人式の時に着物着なかったもんで
七五三以来なんです。嬉しかったなぁ。

肝心の着物姿は、お正月にでも友人に送りつけます。


マルマルモリモリ。

--------------------------------------

今年はランニングにはまったりもしたので、その流れで山ガールデビュー。
クリスマス直前、登ってきました、高尾山。

ケーブルカーなどは使わず。一切妥協なしのガチ登山。
もう、全然体力ないの。自分。
しかも脚力より、肺。肺が弱すぎる。
すぐ息が上がってしまって、大変だったわ。

なんとか登りきって、カレー食べた。
山頂で写真撮ったら、偶然にも後ろに!!犬!!


下山途中でよい眺め〜。


2011年のあれこれを悔い改め
2012年の抱負を語りながらの下山。

翌日は筋肉痛でどえらいことになりました。

--------------------------------------

今の仕事が短期契約だったもんで、年内で終了。
なぜ短期だったのかというと、30歳目前、色々見つめ直したかった。
幸いにも音楽の仕事をずっと続けてこれたし
20代はなんやかんやでやりたい事を沢山やらせてもらって
色んなことが身に付いたけども
でも、もう情熱とか勢いだけではもうできないと思った。
もうすぐ30代。守らねばならない人がいて、これまでのツケもあって、
だからこれからの自分がどう歩むべきか、
ちゃんと向き合って、じっくり考えようと思った。
そしたら、これまで思いもしなかった事に興味がわいたり
やりたいことが音楽以外でも出てきた。

とはいえね。
7ヶ月という短い期間ではあったけど
毎日のミッドタウンへの出勤も、楽しかったす。

ランチ後に、スタバでコーヒー買って
ガレリアの中の椅子でひとりぼーっとしたり。


明日で仕事納め。みんないい人だったな〜。
仕事的には想像以上に大変だったけど、よき仲間がいたからこそ
頑張れたな。

--------------------------------------

1月初旬に、仕事が予期せぬことになり
3月には大震災。

その後も、悩んだりすることが多くて
くすぶってたな〜自分。と思う2011年だけれども
やっぱり救ってくれたのは、友人で。家族で。音楽で。

12月25日、久々にライブハウスへ。
このままで終われるか、と思って衝動的に行った。

そこには、相変わらずではあるものの、着実に確実に前進している
元仕事仲間であり、愛すべきバンドがいて。
仕事で離れてからは、ずっと見れずにいたんだけど
1年ぶりに見たら、そら色々こみ上げてしもて。泣けてきて。

やっべ、私、ずいぶん後ろに取り残されてるな、って思った。

もう来年は楽しい年になる気しか、しないのです。
この1年、だいぶゆったり過ごして、充電完了。
30代でやるべきこと、30代だからできることも見えてきた。
これまでとは若干違う道だけども、1度きりの人生、それも楽しんでいかないと。
何がどう戻ってくるかもわからんしね。
再びアクセル踏んでがんばりますよ。

何卒、宜しくお願い致しまする。

* by waku * 21:16 * 日記 * comments(0) * - *
 伊勢の旅

おお、2ヶ月あいてしまった。

結構色々してました。
なかなか充実しとりました。

11月初旬は、名古屋〜伊勢に行きまして。
それではご覧いただきましょう。

まず。西へ行く途中に、三島に寄りまして。
いとことお茶。

ひとりっこの私にとっては、いとこが兄弟のようなもので
しかも私が一番年下なので、
小さい頃からすごくかわいがって&心配されている。笑


こちら、新幹線の途中で撮った1枚。
ニッポン!て感じよなぁ。



そして、名古屋に着いて、大須でお友達とお茶。
大須観音も、なぜかいつも来ちゃう。



大須観音のおみくじは、いつも厳しい。

この場合の「たより」は、「頼り」なのか「便り」なのか?



テレビ塔もいつも拝む。そして、毎度おなじみ、
テレビ塔近くの串カツ屋からの、某バーのコース。

名古屋の姉さん兄さん方と、朝まで飲み倒した。



翌日、お仕事でもお世話になっていた
池下のおされカフェ、ピースニクでお友達とお茶。


その後、前職の先輩でもあり、よき人生の相談役でもある
Sわい夫婦たちと、矢場町のイタリアン。

ここで、なんと、私は赤ワインに目覚める。
あんなにクセのあるワインは初めて。しかもおいしかった。
そののち、私はやたらと赤ワインを欲する日々となる。


翌日。念願の伊勢神宮へ。

名古屋から伊勢は電車で1時間半。
1本でいけるはずなのに、私が買った切符はなぜか津止まり。
仕方なく、降りる。

知人に三重大出身の人が2人いるので、
ほ〜。彼らはここで育ったのね、と。



いざ、伊勢神宮。まずは外宮。
鳥居をくぐったあとは、空気が全然違った。しゃきっとしたなぁ。





そこからバスで10分、内宮に移動。
おかげ横丁でおやつたいむ。

揚げもん。



赤福も行きましたぜ。



内宮。人多かった〜。
雲行きあやしかったけど、なんとかもってくれた。



五十鈴川。紅葉、、には少し早かったかな。



こけこっ。


ここで、清める。



再び、おかげ横丁。うるめを食べる。



噂の手こね寿司。おいしかった〜〜〜〜。



大須でのリベンジを、猿田彦神社で。


そのまま名古屋に戻り、Sわい夫妻のおうちでまったり休憩させてもらった。
これ行った時は11月初旬で、嫁のみほさんがお腹がおっきくて。
伊勢で蓄えたパワーを、みほさんのお腹に「とりゃぁ!」と当てて、帰ってきた。

その後、12月23日に無事出産したとのお知らせ。本当に嬉しかった。
次は、おこちゃまにも会いに行くぞー!!

* by waku * 20:21 * 日記 * comments(0) * - *
 母校へ行く。
2週間前。



地元の一番大きなお祭りに行ったらば、懐かしい顔が沢山。
同級生が母校の小学校の先生として
生徒たちとおみこし担いでた。
ちょっとじーんときた。で、お祭りの後に母校に行ったら
校長先生のお許しが出て、学校の中に入れてもらえる事に。

ずうずうしくも、図書室、職員室、入ってみんなで記念撮影。
部屋も狭く感じて、天井も低く感じて、不思議な感じ。
でも一番楽しかった時期を共に過ごした友達と
その場所に戻ってこれたのがすごく嬉しかったな。

で、こちら。
卒業制作で作った巨大版画「騎馬戦」
1学年で6つくらいのチームに分かれて作った、そのうちの1枚。
この中に、私もいます。笑



その横は放送室。
私、放送委員で、お昼の放送とか、下校の放送とかやってたので
これまたすごい懐かしかったー。

その後、小学校の同級生7人で 夜中まで飲んだ暮れ。
やっぱり飲んでしまったよー。
* by waku * 21:03 * 日記 * comments(0) * - *
 のんべえ日記

10月の頭に風邪を引き、気管をやられてしまったので
ランはちょいとお休み中。
その代わり、3駅手前で電車を降りて、1時間かけて歩いて帰るようにしてます。

この季節、歩いて帰るの気持ち良い♪
途中の神社でお参りしたり、にゃんこと戯れたり。
おかげさまで10/15時点で体重5キロ落ちました。

さて、ちょいと間が空きましたが、ここんとこ何をしてたっけか。
ほとんど、、、飲んでたわ。苦笑

先週末は、お友達の誕生日祝いも兼ねて、五反田魚金で飲み。
予約必須のお店なだけあって、お魚料理、全てすっごい美味しかった。
お刺身もすごいボリューム。
焼き魚もホロホロ。
皆ご多忙なので、なかなか集まれんけど
だからこそ、貴重で幸せなヒトトキ。
しかも今回はその中の夫婦からなんとご懐妊のご報告。
ダブルでおめでたい会となった。
その後も近所のバーでさらに飲み、調子こいてショット2杯ゴチになったら
見事に出来あがってしまった。帰ってそのまま倒れこむように寝た。

しかし今年は特に結婚とか妊娠とかの報告が多い。
あやかりたい。ぜひともあやかりたい。

そして今週末は地元のお祭り。
年に一度の、地元で一番大きなお祭り。
小学生の頃一緒に行ってた面子で、久々に行く事になった。

あ、その前に明日、また中野飲み。ふふ。
すっかり酒飲み復活したわ。

さらに11月頭はちょっくら旅に。
こちらも楽しみでやんす。

* by waku * 22:11 * 日記 * comments(0) * - *
* TOP * >>
 Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
 Profile
 New Entry
 Category
 Archive
 Recent Comment
BlogPeople
 Recommend
終楽章 コンプリート・ベスト2000〜2008
終楽章 コンプリート・ベスト2000〜2008 (JUGEMレビュー »)
倉橋ヨエコ,根上誠二,蒲池愛,西池崇,中村仁,遠藤幹雄,一ノ瀬久
倉橋ヨエコの集大成。
改めて並べて聴くと濃い!濃いよ!
解体ピアノ
解体ピアノ (JUGEMレビュー »)
倉橋ヨエコ
倉橋ヨエコのラストとなるオリジナルアルバム。
モダンガール
モダンガール (JUGEMレビュー »)
倉橋ヨエコ,根上誠二
ヨエ好きのきっかけとなった1枚。
シャバダ歌謡最高。
 Links
 Others
 Search
旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】
Photo Material by lebellion
Material by Cheerful